トップページ>痛車用マグネットシートの長所短所

痛車用マグネットシートの長所短所

アニメ業界からも注目の的となっているマグネットシートは、気軽な価格と施工によって痛車づくりにも応用されています。

今の痛車のトレンドになりつつある「痛車用マグネットシート」の長所と短所をご紹介いたします。


△痛車用マグネットシートの長所


マグネットである為に貼り直しが効き、プライベートでは痛車仕様に。職場では普通車として変装させる事が出来、車一台でも確実に「痛車」を楽しめます。

高額な費用が必要とされる従来の「ペイント式」「ラミネート式」の痛車製作に変わって、激安でどのような方でも購入可能なマグネットシートは支持を得ています。

ネットを使って今すぐ通販を使って作成出来る事も注目されている理由の一つ。

高画質プリントも勿論格安価格で可能で、キャラクターを構成する主線の強弱から絶妙な色合いまでを再現しつくします。


△痛車用マグネットシートの短所


マグネットシートで痛車を製作する事は非常に有意義でありますが、今までとは異なる作成方法の一つである為に、短所が無いわけではありません。


【厚みが意外とある】


「痛車用=車用」のマグネットシートなので意外と厚みがございます。車と一体化していない感はどうしても出てしまいます為に、完成へのこだわりが強いお客様はオリジナルデザインの印刷を特注依頼される前に再度問題なさそうかご一考下さいませ。

もしもマグネットシートらしく見せない様に制作されるのならば、「ボンネット」「扉」と元々車のデザインの中でも区切りがある部分に合わせると分りづらくなります。


【盗難の危険性の増加】


直接、車の車体へインクを付着させて印刷している場合や、ステッカーを貼っている場合には、剥がす事が困難である為に盗難される事はありませんが、マグネットシートの場合には瞬時に剥がす事ができるため簡単に盗まれやすい点は大きな短所となります。

ただし、マグネットですので、ただ使い終わったら外して収納して置けば問題無い為、対策はすぐにとる事が可能です。


  • 無料お見積り依頼
  • 無料お問い合わせ

お問い合わせはお気軽にTEL0120-001-991 FAX:03-6380-1217 MAIL:magnet@sss-1.co.jp