トップページ>マグネットの訴求力と背景色

マグネットの訴求力と背景色

ここでは様々なシチュエーションに応じ、オリジナルマグネットシートを用いた訴求効果について考えます。

すべての状況に目的やメリットがあり、それを期待してマグネットシートを制作されるのだと思います。それを踏まえ、その状況における訴求力、また、その効果を更に高める背景色の組み合わせについても触れています。

シチュエーション別、訴求効果

販売用マグネットシート

物販目的でマグネットシートを制作する状況を考えますと、その土地々々の風景を切り取って、お土産物として販売したり、お店オリジナルのロゴを象り、ご購入して頂いたりする事が考えられます。

そう言った際の訴求効果を考えますと、元々物販用として製作されたマグネットシートな訳ですから、まずは販売すると言う事自体が目的と言えます。また、そう言った商品は100%オリジナルな物である為、次のお客様に繋がる宣伝効果も生むことが予測されます。

お土産物にしても、綺麗な風景を切り取ったマグネットシートだと仮定した場合、それを見た方が、観光したいなと言う思いに至る可能性がございます。また、その思い出の品を見る度に再訪したいと思わせる効果が生まれてきます。

こう言ったシチュエーションに合った背景色は、オリジナルティー溢れるデザインの物がオススメです。写真などを使い、綺麗なマグネットシートを作成したり、逆に、配色はシンプルにまとめ、個性的で独特の形にする事でアピールするのも面白いです。

販促/宣伝用マグネットシート

販促や宣伝用のマグネットはすでに見る機会がとてもいいです。何故、こうも見る機会が多いのか?それは捨てられにくい物であり、使いやすい物であるからと言えるのではないでしょうか?

訴求効果は単純明快で、その高く安定した宣伝力になります。まず高くと言うのは、使われやすい点から来ています。よく冷蔵庫などに貼られたマグネットシートを見かける事がございますが、それは別に購入した物ではなく、貰った物で場合が多分にあります。そして、そう言った物はお料理のレシピメモや、給食の献立などが書かれた生活に密着した用紙を留める為に使われています。その為、その露出度は相当な物になり、高い訴求力を持っていると言えます。

安定したと言うのは、先に挙げた利用方法にプラスして、捨てられない難い物で有る点が追加されます。紙やポケットティッシュなど、確かにコスト面は安いですが、受け取られた方々が捨てずにいつまでも持っている可能性は、ほぼないと言えます。ですが、マグネットシートであれば、手軽であり、しかも意外と重宝される物である為、長期的に安定した訴求効果を生み出す事が可能です。

更に車などに貼る事で、動く広告塔となって訴求効果を高める宣伝方法もございます。こちらの場合は必要な時だけ貼れると言うメリットがある事に注目して頂きたいと思います。

こう言ったシチュエーションに合わせた背景色であるならば、まずは使われるであろう場所を想定し、あまり奇抜な物ではない事が重要です。ある商品のおまけとして付けられたノベルティマグネットシートならば、商品の形を真似たデザインなどで、面白みを加味するべきでしょうが、宣伝、特に電話番号などをプリントした物の場合、使われる事も重要ではあるので、あまり奇抜すぎるのは避けるべきでしょう。見やすく伝えやすい色であり、目立つ色である必要がございます。親しみのある青色や赤色などを使うのが、オススメです。

連絡/告知/記念品用マグネットシート

こちらも見る機会が大変多く、学校や職場などのホワイトボードに使われていたり、非常口や避難場所をお知らせしていたりします。

こういった物の訴求効果は、必要事項を確実に伝える事が大切です。また、頻繁に貼って剥がしてを繰り返されるマグネットシートなので、使いやすく長持ちする物である必要性も出てきます。

背景色として気を付けなければならない事は、確実に目が留まる様に目立たなければなりません。危険を知らせる色である黄色などは、有彩色の中で一番明るく、前に出てくる色であり、親しみがあり見慣れてはいますが、決してその視線誘導力を失う事はございません。

また、非常口などの告知は緑色などを使う事により、いざ緊急事態に陥った際に、落ち着きや安らぎを与える効果が期待できます。

デコレーションマグネットシート

マグネットシートをデコレーションに使うと言うのは、言葉にするとややこしそうですが、例えば、車の傷隠しに使ったり、手軽に車を演出したりする事を表しています。また、もちろんお家の中や、お店のインテリアとしてもお使い頂けます。

デコレーションに関しましては、目的に合わせたマグネットシートを制作する為、メリットをきちんと把握する必要性がございます。特に車のデコレートや店内のインテリア目的などの場合は、個性的な物を作成する方が楽しめるかと思います。

また最近では、痛車と呼ばれる、アニメキャラや同人キャラなどを車に描いた車が存在しますが、マグネットシートを使えば、コミケや特定のイベントの時だけ、車をデコレートする事が可能です。

そのマグネットシートが、デコレーションを目的として製作された物であれば、目的に応じた背景色やデザインに気を配りましょう。元々の背景となる色とのバランスを考え、配色する事が肝心です。もちろん写真やグラデーションなどを使って、デコレートするのも可能なので、こういった物を作成したいと言うデザイン案をお持ちであれば、まずはお気軽に担当スタッフまでお問い合わせ下さい。

  • 無料お見積り依頼
  • 無料お問い合わせ

お問い合わせはお気軽にTEL0120-001-991 FAX:03-6380-1217 MAIL:magnet@sss-1.co.jp